PCオーディオ事始 WAVファイルを再生するためのプレーヤーソフト



前回の記事ではリッピングソフトでCDからPCへと格納することを書きました。

今回はPC上にWAVファイルとなった音楽データーを
再生するプレーヤーについて書きます。

.WAVファイルを音楽を再生するためには
音楽プレーヤーのソフトを使ってPCからDACへと送り
アナログ変換された信号をプリアンプへと送ればよいだけです。

CD上にあった音楽データは慎重にリッピングされデジタルデータ化されているので
あとはアナログデータのように扱い次第で容易に変化することはなく
ただただDACへと送りだせばいいだけのことです。

なのでどのような音楽再生のプレーヤーソフトであろうと
音の変化は無いものだとおもいこんでいました。


そこでウィンドウズに付属しているウィンドウズメディアプレーヤー(WMP)

WAVファイルの再生を行ってみました。

スピーカーから再生されたその音は
予想された音とは程遠い輪郭のはっきりしない
ぼんやりとした音でした。

この音ならばこれまで使ってきたCDプレーヤーの音のほうが
はるかに上質な音です。


ひょっとしたらと思い
IPodのために使用しているiTunesでWAVファイルを再生してみると
やはりあまり芳しくない再生音です。

ところがです
どちらも満足のいかない音ではあるのですが
WMPで再生した音とiTunesで再生した音ははっきりと違う音なのです。

つまりは
デジタルデータをDACに送り込むだけなのでどんな再生ソフトでも
結果は同じだと思っていたことは誤りだったのです。


しばらくその原因を考えてみて
音楽を再生するためのプレーヤーが音場を作り出すための
イコライジングを行っていることに気づき
それらを設定でオフにしてみたのですが
音は少しは良くなったと思えるのですが
全く満足のいくものではありません。


今度はネット上のオーディオプレーヤーについての記事を検索してみて
これぞ音の良いプレーヤーソフトであるというものを
とっかえひっかえして音楽を再生してみるのですが
どれもこれも一長一短
満足のいくものではありません。

結局のところ10数個は音楽再生プレーヤーのソフトを
試してみましたがやはりだめでした。

これならやはり以前のCDプレーヤーのほうが
はるかに良い音で再生をを行えました。


うーん どうしたもんじゃろのおー


この項まだまだ続きます。

2016年09月15日 PCオーディオ事始 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する