PCオーディオ事始 なんとも恐るべき再生プレーヤー

前回の記事では
WASAPIの排他モードを使用してWAVファイルを再生したことを書きました。

結局のところそれでもまだ以前のCDプレーヤーの音質には及ばす
どうしたものか困っていました。

またぞろいろいろなPCオーディオに関するサイトなどを参照していますと
 これこそが至高のオーディオプレーヤーだ
なんて断定する記事が見つかりまして検索でも上位にヒットするので
その再生プレーヤーを試してみますと
ぼこぼこの低音で聴くに堪えなかったり
シャカシャカのドンしゃりだったりしまして
手間と時間ばかりを空費することが続きました。


 やっぱりこれは高品位なDACを試すしかないかなぁ……
と思いながらもう少しだけ別の再生プレーヤーを試そうと調べていて
Wave File Playerなるものに突き当たりました。

この時点ですでに10以上のの再生プレーヤーを試してきて
なかばあきらめ気味でWave File Playerを使ってWAVを再生しますと
今までの再生プレーヤーとは比較にならない音が飛び出してきました。

思わず「うんっ…」と声が出るほどでした。

素晴らしく鮮度のある再生音で
ピシリと音の輪郭が鮮明になりました。

Wave File Playerには
for Referenceというプレーヤーと
for Experimentalの二つが用意されています。

どちらも今まで試用してきた再生プレーヤーとは
別次元の再生音を聴かせてくれますが
より鮮明な音という点でfor Experimentalを使用しています。

音の追い込みやチューニングをシビアに考えないなら
for Referenceのほうが使い勝手は良いかもしれません。


このプレーヤーは現時点ではWASAPIの排他モードを使用は
考慮されていないようですがそんなことは全く問題とせずに
素晴らしい音を聴かせてくれます。

本当に今までの苦労はいったい何だったんだ

まったくこんな素晴らしいソフトを無料で開放してくださる
和田特機さんに感謝です。

しかしPCオーディオを推奨し
次世代オーディオとかこれからのオーディオなんていいながら
製品を売りつけているオーディオメーカーはいったい何をしているのやら

熱心な個人のエンジニアの開発した再生プレーヤーが
結局一番良好な再生音をきかせてくれるとは
専業メーカーの技術者の恥ですなぁ。


さてこれですべてが解決したかといいますと
さにあらず

この項まだまだ続きます。




2016年09月27日 PCオーディオ事始 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する