簡単PCオーディオ入門 ハードウェア編

PCオーディオ事始めと題して記事を書き連ねましたが
PCオーディオを簡単に始められるように必要な事柄を簡潔にまとめました。

まずはPCオーディオに必要となるハードウェア(機器)についてです。
用意しなければならない物のリストアップです。




1. パソコン
  当然のことながらパソコンが必要になります。
  特別に高性能である必要は全くありません。
  ネットサーフィンが無理なく行えるようであればOKです。
  バックアップの為USB3.0のものであればなお良いと思います。




2. USB 対応DAC
  DAC(デジタル アナログ コンバーター)が必要です。
  パソコンから直接オーディオ用アンプへ接続する為にはUSBの入力端子が必要です。
  すでに単体のDACやCDプレーヤーのDAC部が使えるならば流用できます。
  その際にUSB入力が無ければ新たにDDコンバーターが必要になります。

  手始めに購入するならば
  デジタル機器の場合アナログと違ってそれほど高価なものでなくともよいと思います。
  数万円のものでとりあえずは十分です。

  まずはPCオーディオを実感したいならばこんなものもあります。







3. 外付けハードディスク
  PCオーディオ事始めでも書きましたが
  オーディオデータは非圧縮のWAVファイルでリッピング格納することになります。
  従って音声データとはいえ結構な保存容量が必要になります。
  おおよそCD一枚当たり600MBが必要です。
  CDが500枚程度であれば300GB
  CDが1000枚程度であれば600GBが必要になります。

  ハードディスクは恒久的なものではなく消耗品なので
  必ずバックアップが必要になります。
  従って必要な保存容量を持つハードディスクを二台用意します。


PCオーディオを始めるにあったて必要になる機器は以上のものだけです。
必要最小限の投資で始めるのであればパソコンは手持ちのものを使用し
あとは新品を購入するにしても2万円以下で始められると思います。

PCオーディオの利点としては
初期投資がとても少なくて済み
高音質のオーディオライフが楽しめるというところが大きいです。


今までの記事はすでに
アンプやスピーカーなどのオーディオl機器を所有していることを
前提としています。

当たり前のことのように思いますが
近年はオーディオシステムを所有せずに
携帯とイヤホーンで音楽を楽しむ方が多いようです。

それでも音楽を楽しむことができますが
十分に音楽の良さを楽しむには
やはり最小限のオーディオシステムは必要だと思います。

そんなに大それたシステムではなくても
選択次第では10万円ほどでも割り切ればなんとかなる気がします。


次はPCオーディオに必要なソフトウェアについてのまとめです。



  



  

2016年10月25日 簡単PCオーディオ入門 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する