"Miles Ahead"マイルズはバックミラーを捨てたのか〜"Miles & Quincy Live at Montreux"

前々回の記事で映画の"Miles Ahead"を取り上げましたが
このタイトルはもちろんマイルズの同名のアルバムからとられたものです。


"Miles Ahead" (CBS)
Miles Davis Gil Evans


日本ではオリジナル主義が尊重されるので
上記のアルバムジャケットで知る方が多いと思います。

ところがアメリカ本国では一般的に知られるジャケットは
下記のものであるようです。





日本でのアルバムも過去に両方のジャケットで発売されているので
中古盤で購入される方は重複して買わないように注意が必要です。


さてそれではなぜ同一のアルバムが発売本国であるアメリカで
二種類のジャケットで存在するのかでしょう。

マイルズのファンの間ではもう有名な話ですが
"Miles Ahead"が最初に発売された時には冒頭の
船に乗った女性が映る写真を採用したものでした。

ところがこのジャケットに対してマイルズが激怒したというのです。

曰く
「俺の作品に白人女性の写真を使うとは何事だ」
ということだったそうです。

そこでCBSの担当者は慌てて二つ目に掲載した
マイルズがトランペットを吹くジャケットに差し替えたのでした。
  どう見てもやっつけ仕事のようなジャケット……

確かにマイルズのアルバムで海賊盤は置くとして
白人女性が映ったジャケットというのは思い当たらないですねぇ。


マイルズが自分のグループに白人であるビル エヴァンズを採用した時に
多くの人から
「どうして白人のピアニストをメンバーにするんだ」と責められたときに
「いい演奏をするんなら緑色をしてようが縞々だろうが知ったことか」
と答えたのはマイルズの音楽観を良く表していると思います。

そんなマイルズなのにジャケットに関してはリベラルとはいかないようで(笑)。


このジャケットよく見ていただくと「+19」とあります。

LPの時代には不思議でもないことですが
これは19ピースのビッグバンドとの共演を表しています。

でも最近のCDしか知らない世代の方たちは
これを19の曲が追加収録されていると思うんじゃないでしょうか。

実際近年に発売されているCDにはオリジナルのアルバムに
追加収録曲が5曲加えられています。

「+19に+5すると全部で15になるわけですな」
うーん ややこしいいいいいいいいいい


さてこのアルバムは以降も続くマイルズとギルとのコラボレーション第一作。

ギル エヴァンズの精緻に作りこまれたスコアが
ビッグバンドによって見事に音によって実現された絨毯の上に
緊張感のあるマイルズのトランペットがこの上のない調和をもって演奏され
まるで一級品の美術作品を見るようです。

まさにマイルズとギル以外の出会いでは生まれえなかった一期一会の音楽。

This is jazz




さて、
ひたすら時代と共にその音楽性の歩みを止めることなく走り続けたマイルズ。

このギル エヴァンズとの作品群もマイルズにとっては振り返られることのないもの
   と 誰もが思っていたはずなのに
なんとマイルズの音楽人生の最終盤にいたって再現を試みられることとなったのです。

それが

"Miles & Quincy Live at Montreux"


音楽評論家の黒田 恭一氏に
「バックミラーを捨てて走り続ける車のようだ……淋しくはないのですか」
と言われたマイルズ。

この文章を眼にしたときに
私は
  黒田 恭一はジャズの事はようわかっとらんなぁl
と感じたもんでしたが

うーん 淋しかったのか マイルズ


私の耳にはこの作品は 画竜点睛を欠く ならず
蛇に足を描いたように思えるのですけれど

マイルズの空白の五年間 よりも
ずっとずっとこの "Miles & Quincy Live at Montreux"のほうが
よっぽど大きな謎ですなぁ。

はてこのマイルズの作品が腑に落ちる日はくるのか 









2017年07月19日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する