JAZZ1000回問われた私への質問 5




ジャズはやっぱりライブが一番ですよね 2
(この項続きより)
 今度は聞き手の側についてです。ジャズが二度と同じ演奏が繰り返せないのは本質ともいえる特性です。ところが録音された演奏を鑑賞する場合は同じものを好きなだけ繰り返し鑑賞することが可能です。従って奏者が少々難解なプレーを行ったとしてもその演奏を繰り返し鑑賞することによって、その意図を理解するようになることが出来ます。
 ライブの場ではいみじくもドルフィーが言ったように放たれた音は空中に消え去ってしまい二度と捕まえることが出来ません。ということは聴き手の側もその一度限りの演奏の中でそれらの曲を味わいつくさなければいけなくなります。
 この様にライブの場では演奏者の力量も問われると同時に聴き手の鑑賞力も問われることになります。

 こう書いてくると私がライブを否定し録音されたジャズの擁護者のようにお感じになると思います。がもう少しお付き合い願います。ライブの場でしか味わえない大きな美点があるのです。
 それはたとえ音楽の聴き手であっても、ライブの場では演奏されたジャズの参加者であるということです。演奏者の奏でた音に対して観客は様々な反応を示します。

 音楽に合わせて首を振り足踏みし感に堪えない表情を浮かべる
 困ったような顔をし静まり返る
 大きな拍手に掛け声
 つまらさそうなようす
 うっとりと寄り添うカップル
 演奏そっちのけで大声でしゃべるテーブル

 それらの聴き手の反応は演奏者に伝わりそれらが再び演奏へと反映されフィードバックされることになります。ノリノリの演奏はますます拍車がかかり、さらにいい演奏になります。もちろんその反対もありうるわけですが。
 そんなことは無いだろうとお疑いの方がいれば、一度ライブへお行きになり気に入った演奏が行われたらすかさず大きな拍手をしてみてください。そのプレイヤーの演奏がとたんに熱を帯びるのが実感できるはずです。
 ジャズとても本質的にエンターテイメントであり、演奏者と聞き手が揃ってこそ成立するものなのです。そうでなければプレイヤー達は練習スタジオにこもり、気のあった仲間たちと気の済むまで演奏すればいいだけのことです。

 いいライブでの演奏はよき聴き手の心の中に残り、音は消え去ったとしても心の中に刻まれ失われること無く在り続けるのです。
 一度きりの演奏の中で聴き手として参加することはとても大きな満足感を与えてくれます。こればかりはどんなにいい名盤を聴いたところで得られない幸せです。

 ジャズを愛好する方々が、そして私自身も、いいライブの場に参加でき素晴しい幸福な体験を持たれる事を願っています。やっぱりライブは最高です。たとえわずかな機会しかないとしても。 
  


2005年09月14日 私のジャズ トラックバック:0 コメント:2

Sonny
社長は堪忍してください社長は。パッポンストリートのどぶねずみみたいな気分になります(笑)。
 記事以外のコメントはメールでお願いしますm(__)m。
 私としては11月のロリンズのコンサートを楽しみにしています。

2005年09月26日 Sonny URL 編集

反省しております。

2005年09月27日 寅さん URL 編集












管理者にだけ公開する