FC2ブログ

I Do It For My Love サイモンの曲にエヴァンズのピアノ

いつもの通りネットで音楽を流してお皿洗い。

ハーモニカの音色が 多分トゥーツ シールマンス
 あ あの曲か
と思いきやギターの音色とヴォーカルが……

流れてきたのは
"I Do It For Your Love"
モニターに映し出されたのは
トゥーツ シールマンスとポール サイモン


私の頭にあったのは
トゥーツ シールマスンとビル エヴァンズのアルバム

"Affinity" (warner)
Bill Evans-Toots Thelemans

アルバムA面冒頭の一曲目が
"I Do It For Your Love"
もちろんこのアルバムにはサイモンは不参加。


私は音楽を聴くことにかけては全くの雑食で
手当たり次第になんでも と言う人間なのですが
苦手なジャンルもいくらがありまして
その最右翼がフォークソング

サイモンの"I Do It For Your Love"なんかは
自分からすすんで聴くことはまずありません。

そういった私にとっての"I Do It For Your Love"は
このアルバム「アフィニティ」の演奏で耳馴染んでいたわけです。

ネットからこの曲が流れてきたときにトゥーツのハーモニカと共に
ギターとヴォーカルでご当人のサイモンが出てきて違和感をかんじた次第。
  うーん サイモンさんごめんなさい


エヴァンズとトゥーツのアルバムですけれども
それはそれはとても美しい旋律で埋め尽くされていまして
その上にいやがうえにも感情を揺さぶるハーモニカときては
ジャズなど興味のない方にもオススメノアルバムと言えます。

他に収録されている曲だって
「酒と薔薇の日々」に
「ブルー アンド グリーン」
「ボディ アンド ソウル」
と来た日にゃー……   売れ線まっしぐら

と言って私このアルバムを称賛するのにやぶさかではございません。

ただし
そういつもいつもターンテーブルに載せるようなアルバムではありません。

多分十年以上は聴いていなかったと思うのですが
箱の中から探し出してひさしぶりに聴いてみました。

  韜晦
  憐憫
  郷愁
  後悔
  糊塗
  投射………

やはりと言うか思った以上にと言うか
ビル エヴァンズと言う人の深ーい闇と孤独に絶対的な神の存在が大きく
甘いだけのアルバムになっていないのは見事ですなぁ

エヴァンズはこの曲が随分と気に入ったようでして
晩年に何度か録音を残しています。


”The Paris Concert (Edition One)”  (electra)
Bill Evans


このアルバムはエヴァンズの死後放送音源から発売されたものですが
晩年の彼の演奏の内最良のものに属すると思います。

ここで演奏されるエヴァンズワールドに染めつくされた"I Do It For Your Love"は
屹立して美しく見事です。

   またもや言わずにおれないので一言
   何でもかんでも売ろうかなでブルーノートから発売はやめなさい
   これはエレクトラからの発売作品ですから



はて"I Do It For Your Love"ですけれど
一体エヴァンズは何度くらい録音を残しているのかと調べると
手元の資料で調べただけで晩年の三年くらいの間に
なんと  19回 !!!!


えーっ
  たぶん次にこのアルバムを私が聴くのはまた十年後かしら……





P.S.
アマゾンの商品ページって購入記録が残るんでして
様々な機会にそれらで販促メールとかがくるんですけれど

このエヴァンズのアフィニティのアマゾンの商品ページを検索したとたんに
画面に現れたのが
「お客様は2005/03/10にこの商品を注文しました」 という文字
いやぁ驚いたのなんのって
まーーーッたく 覚えにございません
レコードがあるのに自分用なわけはないしプレゼントかしら
三月十日って   アーっ チョコのお返しかしら
  いやぁ でも 心当たりがないなぁ
    うーん  うーん






2017年10月26日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する