FC2ブログ

洋酒をストレートで楽しむ器

シングル ショット グラス

先の記事ではストレートで手始めに楽しむのにふさわしいスコッチを紹介しました。

ストレートで洋酒を楽しむ場合に専用のグラスがあれば
さらにおいしく味わえるようになります。

昔からバーでウィスキーなどをストレートで供するために
ショットグラスが使用されています。

様々なショットグラスが販売されていますが
古典的なシングル(一オンス)用のものが最適です。

上記の写真のように様々なデザインのショットグラスが
昭和の終わりぐらいまでは何とか手に入ったのですが
最近ではダブルサイズのモノはあってもなかなかシングルのものは少ないようです。


アマゾンンで探してみた中では
木村カラスがうすはりシリーズで作成しているものが良さそうです。


少し気になるのはこのグラスの重量ですね。
ある程度持ち重りのするほうがウィスキー自体にボディを感じるように思います。




もう少し見てみると上のようなグラスが見つかりました。

少し値段は張りますがモルトウィスキー専用に作成されたようで
使い勝手が良さそうです。

もちろんモルトウィスキーだけではなくてブレンドウィスキーも楽しめます。


ちょっと気を付けてほしいのが



このようなティスティング用に作られたグラス。

本格を気取ったバーなどでも使用されているようですが
これはウィスキーを楽しむ為のグラスではなくティスティング用です。

ウィスキーの香りを判別しやすくするには良いのですが
味わう為にはボディが痩せてしまって飲みごたえが乏しくなります。

ウィスキーのあらを探す為のグラスと言っても良いでしょう。

私も20年ほど前に幾種類かのこのようなティスティング用グラスを
使用してみましたがウィスキーの味わいが軽くなってしまうので
従来通りのグラスを結局使い続けています。

あくまでもティスティング用であってウィスキーの味わう為には
昔から使われている上記のようなショットグラスが最適です。

ただウィスキーの香りを判別したいときには良いと思います。


ちょっと話は日本酒の話になりますが
日本酒でもリーデルなどからワイングラス様の専用グラスが
発売されていますが同様に日本酒の飲みごたえがなくなり
スカスカになってしまい使用に堪えませんでした。

これもまた日本酒専門店などで使用しているのを見かけるのですが
無神経だと感じます。

ワイングラスで楽しむ日本酒などと言うものいいがありますが
苦笑するしかありません。

日本酒にはこれまでに培われてきた素晴らしい酒器があるじゃないですか。

こんなところまで西洋にかぶれる必要はないですなぁ。



ネットで簡単に探すのも良いですが
古い町の瀬戸物屋さんがあれば
昔のショットグラスが残っていることもあります。

現在私がお店で使用しているショットグラスは
街歩きのなかで出会ったグラスたちです。

ただ街の瀬戸物屋さんもどんどんと少なくなっていまして
残念なことです。

うちの商店街でも瀬戸物屋さんは一軒もなくなってしまいました。


どこかで使い勝手の良いショットグラスが見つかるといいですね。



洋酒のススメまだ続きます。




2017年11月07日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する