香りで味わうウィスキーの楽しみ方

シングル ショット グラス
以前の記事でストレートで味わう入門ウィスキーの紹介をしました。

ウィスキーを楽しむ様々な要素を今回は書いてみたいと思います。


何よりも肝心なのはこれまでに述べてきたとおりに香りです。

ウィスキーの香りに意識を持ちながらストレートで味わっていると
色々な香りの要素を見つけ出すことができます。

先ず誰にもわかりやすいのはフルーツのような香りだと思います。
レモンの香り
パイナップルのような香り
オレンジの香り
メロンの香り
ジャムのような香り
草の香り       etc.


フルーツ以外にも甘さを思わせる香りもあります。
蜂蜜の香り
ヴァニラの香り
チョコレートの香り
カラメルの香り   etc.


そのほかにも感じられるものとして
ミントの香り
ジャスミンの香り
ラヴェンダーの香り
じゃ香の香り
穀物(麦)の香り
なめし皮の香り
鉱物の香り     etc.


そしてモルトやブレンディッドスコッチの特徴といわれる
煙(ピート)のかおり
ヨードの香り

そのほかにも
湿ったような香りだったりトーストのかおりだったりと
ウィスキーによって独特で様々な香りが感じられます。

自分の記憶の中にある
他人とは共有出来ないような言葉の香りもあると思います。


これらの香りがすべてのウィスキーから感じられるわけではありません。

何種類かの特徴的な香りしか感じられないものもありますし
十種以上の香りが探せるものもあります。


ウィスキーの香りの立ち上がり方にも
時間をおいて変化があります。

先ずはウィスキーをボトルからグラスへと注いだ途端に感じられるもの
そしてグラスを鼻先に持ち上げた時に感じる香り。

これらの香りの事をトップノートと呼ばれることがあります。


そしてウィスキーを飲みこんだ時に感じる香り。


飲み進むうちにグラスの中のウィスキーの温度も上がり感じるもの
そしてウィスキーが空気と触れ合うことによって香りだすものもあります。


最後に見過ごされがちな香りとして
ウィスキーを飲み干した後のグラスに残った香りがあります。

それも飲み終わった直後の香りと
その後放置した後の香りではかなり変化します。



こうやって色々な角度から香りに注視していると
たくさんの香りが一杯のウィスキーに宿されているのがわかります。

最初の内はなかなかそれらの香りを感じられないかもしれませんが
何度も繰り返すうちにどんどんと探し出せるようになります。

ウィスキーの中に記された
生まれや長い年月の痕跡を読み解くような感じです。

感覚としては読書みたいですかね。

そうなればしめたものです。
いやしめたものだか
ウィスキーの虜になるなかはわからないですけれども。

ただただお酒を酔っぱらう為に飲むよりは
楽しみが膨らむのは間違いないです。


このあともう少しこの項続きます。


2017年11月28日 洋酒のススメ トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する