FC2ブログ

マイルズじゃなくてショーターのクリスマスセッション


"Bag's Groove" (prestige)
Miles Davis


ジャズのお話の中でクリスマスセッションと言えば
先ず真っ先に語られるのがこのアルバム。

マイルズとモンクとのけんかセッションとしても都市伝説化。

確かにこのセッション(ピアノがモンクのもの)は
1954年のクリスマスイヴに録音されたものです。


数多あるジャズのアルバムの内でクリスマスに録音が
なされたものはいくらかあるのですが
以外にあまり知られていないのが

"Speak no evil" (bluenote)
Wwayne Shorter


ウェイン ショーターの有名作「スピーク ノー イーヴル」

「バグズ グルーブ」のようなエピソードには欠けますが
ちょっと心霊写真のように見えるジャケットで有名(笑)。

ちなみにジャケットの女の人は当時のショーター夫人の中上さん。


このアルバムをショーターの代表作にあげる人もたくさんいらっしゃいます。

その一方発展途上のショーターの作品とみる人も少なからずいます。

多分コンパクトにまとまっていて全編モードで処理されているわけでは無いので
ハードバップファンにも愛聴される点が好評感につながっているのでしょう。

他方その後のショーターのアルバムの雄大さや融通無碍さを知ると
このアルバムが物足りなく感じる人もいらっしゃるでしょう。

この辺がこのアルバムの評価の分かれ方の理由ではと。


ショーターワールドの入門編としてはお勧めしやすいアルバムです。



このアルバムが録音されたのが1964年のクリスマスイヴなので
先の「バグズ グルーブ」のちょうど10年後の録音。

教科書的にはハードバップのさきがけからモードの隆興期。

たった10年されど10年
ジャズははるばると旅をつづけましたなぁ
そして いまも まだまだ……

「スピーク ノー イーヴル」からは50年以上も経過しました。


皆さんに
メリー クリスマス







2017年12月24日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する