ティモンズ復帰後のメッセンジャーズはショーターの成長記録

ティモンズのメッセンジャーズ復帰からの続き

1960年の春に「ビッグビート」の録音でメッセンジャーズに復帰したティモンズですが
世界中でまだまだファンキーブームの嵐が吹き荒れている状態です。


これより
1961年末までのメッセンジャーズ以外でのティモンズの残した
主だったアルバムを見ますと

"The Soul Society" (riverside)
Sam Jones




"The Young Lions" (veeJay)
Lee Morgan




"Lee-Way" (bluenote)
Lee Morgan




"The Big Soul-Band" (riverside)
Johnny Griffin




"Blue Jubilee" (riverside)
Joe Alexander


サイドメンとしてのティモンズの人気も
まだまだ健在であるのが見て取れます。



それでは同様に61年末までのメッセンジャーズで残した
ティモンズのアルバムをあげますと

"The Big Beat" (blurenote)



"Like Someone In Love" (blurenote)



"A Night In Tunisia" (blurenote)



"Meet You At The Jazz Corner Of The World" (blurenote)



"The Freedom Rider" (blurenote)



"Roots & Herbs" (blurenote)



"The Witch Doctor" (bluenote)



"Art Blakey Jazz Messengers!!" (impulse)

同一録音日のセッションが複数のアルバムに振り分けられているので
完全に時系列に並んでいるわけではありませんが
ざっくりとした並びは聴けると思います。


このようにショーター、ティモンズ参加のメッセンジャーズを順に聴くと
当初はファンキー色が強かったアルバムが時を追うにしたがって
次世代ジャズのモード色が聴き取れるものへと変化しているのがわかります。

これを言い換えますとメッセンジャーズでの比重が
ティモンズからどんどんとウェイン ショーターへと移っていると言えます。


最初のアルバム"The Big Beat" の録音が1960年の三月
そして最後のアルバム"Art Blakey Jazz Messengers!!" の録音が
1961年の五月と六月。

わずか一年と数か月の間でのウェインショーターの成長ぶりは驚異的で
ちょっと毛色の変わったテナー奏者から怪物への変貌が始まったのがわかります。


まさにファンキーブームの真っただ中から数年の間にジャズの中心は
モードへと移行し世間のジャズブームは一転して鎮静化していくのですが
ここからのジャズ自体の変貌の先頭を走った者
またそれにはまつろわなかったミュージシャン達。

ここからのジャズが多様化し ますます面白くなってきます。
ジャズ新時代の幕開けと言えましょう。


このメッセンジャーズの音楽性の変化に
他のメンバーたちはどのように対応しているかと見ますと

ベースのジミー メリットは楽器の特性もありますが
さほどの影響もなく柔軟に対応ができています。

トランペットのリー モーガンもファンキーの立役者ですが
結構に器用で違和感を感じる演奏ではありません。
とはいえ新しいジャズを加速させるほどの力はないようです。

ティモンズ自身もこの音楽性の変化に対応しようとの様子はありますが
実際のところファンキーな演奏からの脱皮は見られず
徐々にバッキングもソロも苦しくなってきているように聴こえます。

ところで御大たるブレイキーはと言いますと
この人の場合実際のところ他のメンバーがどういう演奏をしようが
全く変化はありません。

御大たるものどっしりと構えてこそ と言ったところでしょうか(笑)。


メッセンジャーズ(というかショーターが)のこれ以上の進化を遂げるには
早晩メンバーの交代が必要であるのは明らかです。

インパルスでカーティス フラーを加えて三管編成となった
"Art Blakey Jazz Messengers!!" の録音を最後に
トランペットのモーガンとピアノのティモンズは脱退(今風に言うと卒業)します。

代わりに入ったメンバーがトランペットのフレディ ハバードと
ピアノのシダー ウォルトンであったのはまさに適材適所の感があります。

そして吹き込まれたアルバムが

"Mosaic" (bluenote)

このアルバムを聴いてみて感じるのは
まさに欠けていたピースがそろってピタッと全体がおさまった
と言う感覚です。

もちろん御大ブレイキーはそのままです(笑)。
もうこれ以上の発展のためにはブレイキーを変えるしか……
  って   それではメッセンジャーとは言えんやろ



ウェイン ショーターがメッセンジャーズを脱退するのは
もはや時間の問題   と思えるのですが
1964年の春まで在籍を続けメッセンジャーズの発展を支えます。

この時期にはマイルズがあれやこれやとショーターの引き抜きを図るのですが
ショーターったら 以外に義理固いお人ですなぁ。


そしてその後のショーターのマイルズバンドでの大活躍と
発展については      また別のお話


ここではまたティモンズの行方をもう少し追いたいと思います。




















2018年01月31日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する