FC2ブログ

やっと思い出したバッドプラスとオリン エヴァンズのつながり

先月の記事でバッドプラスにオリン エヴァンズが加入したことを書きました。

その時にはオリン エヴァンズとバッドプラスに接点を見いだせずに
驚いたといったのですが全くもって失念していました。

"LISTEN TO THE BAND" (criss cross)
Orrin Evans


このアルバムでデビューしたオリン エヴァンズ擁する"The Band"のメンバーに
ベース奏者としてバッドプラスで名をはせることになるリード アンダーソンが参加しています。

1999年発売のアルバムですのでバッドプラスのアルバムデビューよりも
こちらの作品が先にリリースされていることになります。

ライナーノーツによるとそもそもこの「ザ バンド」なるグループが
オリン エヴァンズ、ナシート ウェイツ、リード アンダーソンの
リズム隊を核として派生したグループだという事です。

であれば当然のことながらリード アンダーソンはメンバー集めとしての参加ではなく
オリン エヴァンズと親密な関係であったと理解すべきでしょう。

従ってバッドプラスへのオリン エヴァンズの参加は突然なものではなく
ちゃーんと出来るべくして出来たものだったのですね。


まったくどんどん記憶が衰えてきて気が付くのに時間がかかりました。

アルバムの内容としては結構トンガッタものですけれど
しっかりと構成が練られていて完成度が高いものに仕上がっています。


この「ザ バンド」の作品としてはオリン エヴァンズ名義ではなくて
バンド自身の作品としてもう一作が残されています。

"Live at Widener University" (imani)
Orrin evans


このアルバムは2004年にリリースされていて
ワイドナー大学でのコンサートのライブ録音です。

個人的にはリード アンダーソンが若干前のめりになるのが
少し気になるところですが。

先のアルバムに比べるとライブ録音ならではの
熱さが感じられる演奏です。

アマゾンのカスタマーレビューにはこのアルバムが
ボブ ディランのバックバンドである「ザ バンド」ではないと
怒りの一つ星の投稿が(爆)

その気持ちもわからなくはないですけれども
私としては★四つ献上です。









2018年03月09日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する