ドイツのカーネギー ホールでウディ ショウが演奏?


"At Onkel Po's Carnegie Hall" (jazzline)
Woody Shaw,
Steve Turre(tb),
Mulgrew Miller(p),
James Stafford(b),
Tony Reedus(ds)


1970年代から90年に至る間にストレートアヘッドなジャズを演奏した
パーマネント グループと言えばまずはウディ ショウのグループが
思いつきます。

他にはジョージ アダムズ-ドン プーレンのグループ
そしてかつてはウディ ショウも在籍した
ブレイキー率いるジャズメッセンジャーズと言ったところでしょうか。


個人的にリアルタイムにこの時期を多感な青年期に過ごした私にとっては
ウディ ショウの熱いトランペットには少しく思い入れがあります。

ショウの早すぎた死の後も遺族が中心となって様々な発掘盤が
最近に至るも多数発売されています。

ファンにとってはとても嬉しいことですが
リアルタイムのジャズを追っかけることが主な私にとって
過去の演奏をすべて追いかけるわけにもいかずに
痛しかゆしと言ったところです。


で、
冒頭に挙げたアルバムですが参加メンバーをみるとわかるとおりで
特にゲストミュージシャンがいるわけでもなく同メンバーによるアルバムも
複数存在するので買うのも躊躇したのですが結局購入……

期待と心配が相半ばしながら聴いてみると
これは素晴らしい演奏でした。

今まで発表されているショウのライブ音源の中でも最良の一つだと思います。


オンケル ポーのカーネギー ホールと言う初めて聞いた場所での録音で
「カーネギー ホール」と言うからには数千人規模のホールかと思いきや
観客の拍手や歓声から推量するに7~80人ぐらいのライブハウスのようです。

その親密さを感じ取れる規模の箱がとても良い結果を生んでいます。

観客たちが熱心に演奏を聴いているのがよくわかりますし
この時期のウディ ショウのメンバーたちがそれに応えるように
ますますヒート アップするのがわかります。

ウディ ショウが気の無い演奏をすることなど当然ありませんけれども
デビュー 当時のマルグリユー ミラーってこんな感じだったよなぁ
なんて懐かしく思い返しています。


録音に関してもNDRのクレジットがあるのでラジオの放送音源であったのか
ライブ録音にしては良く録れているほうだと思います。

日本発売の代理店であるキングレコードのサイトを見ると
レーベル名はジャズラインとなっているのですけれども
CD番号はNから始まるNDRのモノのようでちょっとそこら辺の
発売関係はよくわかりませんでした。




このオンケル ポーのカーネギー ホールの音源は多数あるようで
すでにエルヴィン ジョーンズやディジー カレスピー、チェット ベイカー
アルバート コリンズやエスター フィリップスに至るまで
様々なジャンルにまたがって一度に発売されています。

私は未聴ですけれども興味がおありなら一度検索してみられると
良いと思います。


ちなみによく見るとこのアルバムにはvol.1とありますので
以降にもシリーズ発行されると予想されます。

あっ背文字にウディ ショウ カルテットってあるのはご愛敬ですな(笑)


またLPでのリリースもあるようですが
CDとくらべて2000円ほど高いので私は見送りました。

1000円アップなら買っていたかもしれないです
あぶない あぶない(笑)


こういった熱いアルバムこそ黒ーいジャズ喫茶で
大音量で浴びるように聴くのが最高なんですけれども

心当たりのある方はどうぞジャズ喫茶へゴー!!
  って 無理かぁ



この記事で紹介したアルバムです
"At Onkel Po's Carnegie Hall"





2018年03月28日 新譜紹介 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する