FC2ブログ

どんどん増殖し混迷をきわめる"Never let me go"

前回に続きリヴィングストン&エヴァンズのお話。

彼らの作った曲はヴォーカリストには取り上げられても
なかなか楽器奏者には演奏される機会が少ないと書きました。


その中でも"Never let me go"はリヴィングストン&エヴァンズの作品中
もっともインストで録音が残されている曲だと思います。

曲の内容はタイトルから類推されるとおりで
 あなた無しでは生きていけない
とせつせつと歌うバラードです。

"Never let me go"はどうやら日本未公開であるようですが1956年公開の
映画“The Scarlet Hour”のテーマとして作成され
ナット キング コールが歌いヒットしています。

前回の"Mons Lisa"といいナットとリヴィングストン&エヴァンズは
相性が良くてよくトリオで仕事をしているようです。
 (先の六、八、坂本九みたいですな)



私がこの曲に注目させられたのは

"Crossings" (galaxy)
Red Garland


オリン キープニューズが手掛けるギャラクシー発レッド ガーランドの「クロッシングス」でした。

77年末に録音された作品ですがこの時期ガーランドは地元でセミリタイア状態であったところから
本格的に活動を再開させようとしていたところでした。

かつてのガーランドの演奏振りを知るものとしては
本作でのガーランドは線が細くどことなくおずおずした感じがあります。

その風が"Never let me go"というラブバラードに絶妙にマッチして
このアルバム中での白眉となる演奏に仕上がりました。


当時新譜としてこの作品を手にしたときに"Never let me go"と言う曲が
私の心に刻まれたと言っていいと思います。

調べてみると56年という比較的新しい曲であったのも印象に残りました。
もちろんリヴィングストン&エヴァンズの名前も。


さて一旦"Never let me go"が記憶に残ると
それ以降様々なアルバムでこの曲を耳にするようになります。

"The Quintet - Live!" (prestige)
Charles McPherson


チャールズ マクファーソンが師匠のバリーハリスをピアノに迎え
幼馴染のロニー ヒリヤーを相方にしてファイヴ スポットでのライブ録音盤。

そんなメンバー構成もあって非常にピッタリと息の合った
くつろぎに満ちたライブハウスでの演奏が収められています。

後のザナドゥ盤の「ビューティフル」で聴かれる通り
マクファーソンはバラードを美しく謳いあげるが上手な人ですが
ここでも"Never let me go"の曲調の良さを最大限に引き出しています。

マクファーソンの初期の代表作でしょうに入手困難は残念。


その他にも"Never let me go"は
ビル エヴァンズ
ジョン ヒックス
マッコイ タイナー
ロイ ハーグローブ
などなど数多くのジャズミュージシャンたちの作品に録音が残されています。

もちろんヴォーカルものも。



ここでちょっと"Never let me go"で気を付けないといけない
ことがあります。

"Never let me go"  (bluenote)
Stanley Turrentine


スタンリー タレンタインがオシドリコンビで人気レ-ベルに残した
その名も"Never let me go"

当然この作品もリヴィングストン&エヴァンズの名曲がと 
思いきや さにあらず
ここでの"Never let me go"はジョー スコットの作品で
いわゆる同名異曲ってやつです。

このジョー スコットの"Never let me go"もまたソウルの世界では
なかなかの有名曲でしてゆえにタレンタインの作品に。

お間違いなく!


で ですね
ここに"Never let me go"の混迷にさらに拍車をかける事態が……

"Never let me go"でピンと来た方いらっしゃるでしょう?
そうノーベル賞作家カズオ イシグロの代表作"Never let me go"

この作品映画化に舞台化がおこなわれ
イギリスばかりが日本でもテレビにもなるしまつ。

それらの劇中の挿入歌やテーマ曲が作成されて
"Never let me go"とクレジット。


これでも十分にややこしいのですが
さらに古くはジョニー ティロットソン(涙くんさよならのひと)や
最近ではフローレンス+ザ マシーンのヒット曲
さらにさらに日本人歌手の同名異曲まで 
ぞろぞろぞろぞろぞろぞろぞろぞろぞろぞろ"Never let me go"

どうぞご注意を




この記事で紹介したアルバムです
「クロッシングス」 レッド ガーランド




2018年04月26日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する