FC2ブログ

ジャズではマイナーだがなかなか面白いVeeJayとビートルズの話

名盤を数多く輩出したジャズレーベルのほとんどは個人企業ともいえる
マイナーな会社であることが多かったものです。

ブルーノートしかりプレスティッジしかりリヴァーサイドしかり
コンテンポラリーしかり

というようなわけで先の記事で触れたヴィージェイと言うレーベルも二人の経営者により始められました。


ヴィージェイと言う名前はその経営者の二人の名前Vivian and James の
頭文字をとって名付けられました。

まぁエマーシーと同様に小学生的な発想ですな。

命名はありきたりでも後世に両レーベルともに名を遺したわけで
名前負けの例もあることで命名と言うのもさほど重要ではないのかも。


当初の設立はインディアナであったようですが
すぐに本拠地をシカゴに移します。

シカゴから連想される通りにヴィージェイの本分は
ブルーズやソウルにありました。

同じくシカゴを本拠地に置いたアーゴ(カデット、チェス)と
同じ構図ですね。

と言うわけでヴィージェイというレーベルでのジャズ作品は
多くはありません。

がしかし、
モダンジャズ界での大物となったミュージシャンたちの
若き日の作品がある為に看過するわけにはいかない
重要なレーベルです。

"WAYNING MOMENTS"

"WYNTON KELLY!"

"EXPOOBIDENT"

"GO"

"THE YOUNG LIONS"

ねぇ、ヴィージェイって見過ごすわけにはいかないでしょう。


ヴィージェイはメンフィス スリム、ジョン リー フッカー、グラディス ナイトなどの
ブルーズ、ソウル系の多くのカタログを有していることで知られていますが
ジャズと同様に忘れてはいけないアーティストの作品をリリースしているのです。

それがまぁジャズならまだわかるとしても
英国の白人による特筆大書されるグループビートルズのレコードなのです。

アメリカでは「ラヴ ミー ドゥー」などの最初期のビートルズのシングルレコードは
ヴィージェイから発売されたのです。


英国本国のビートルズの最初期のレコードはEMI傘下のパーロフォンから
リリースされました。

従ってアメリカでビートルズのレコードをリリースする際にはアメリカEMI傘下の
キャピトルから発売される予定でした。

ところがキャピトルレコードはアメリカでビートルズが売れるとは全く考えずに
リリースを拒否。

その結果回りまわってヴィージェイに発売のお鉢が回ってきたのです。

いやはやなんともラッキーな話があるもんですなぁ。

ご存知のとおりビートルズのレコードは米国でも大ヒット。

ヴィージェイは大儲け
  よかったよかった  のはずが万事塞翁が馬

ヴィージェイはビートルズの利権問題で裁判沙汰になり
あえなく大企業の前に敗訴。

倒産の憂き目に……



それ以降ヴィージェイに残された音源の発売元は
二転三転
ジャズの作品たちも安定的にリリースされることなく
入手困難が続いているというありさま。


で、
現在ヴィージェイの発売権利をどこが有しているのかを調べると
なんと2014年にコンコードレコードが入手していました。

コンコードレコードは流通をユニヴァーサルレコードに託しているので
これからはヴィージェイの作品たちも徐々入手されやすくなると
思うのですが当面はブルーズソウル系が主になるよう。

ジャズは後回しみたいですねぇ。

コンコードはファンタジーを吸収しているのだから
いっそのことヴィージェイはファンタジー傘下にして
OJCで発売すればいいのになんて
素人の私はおもうんですけれど駄目かしら。

よもやユニヴァーサル傘下EMIのもとで
ブルーノート発売なんて暴挙はないでしょうなぁ……

EMIから出すんだったらビートルズも無問題なんてね、
   あははははははははははははははははははははははははは











2018年05月30日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する