ジェリ アレンには余裕のオジサマがお似合い

先日に続きジェリ アレン
について

ジェリ アレンの作品群を聴いて私が彼女から感じる印象は
 非常に自信あふれるピアノのタッチ
 かなりの先達の演奏家をよく聴いている
 自己にも他人にも厳しく完璧主義である
 型をなぞるような演奏を好まない
 全くもってクレバー
というようなものです。

先にも述べましたがこれらのことから彼女の演奏が
非常に完成度が高く高踏的な感じを与えているのだと思います。

このことは共演するメンバーのミュージシャンにも当然大きく影響するわけで
ややもすると窮屈な感じを聴くものに与えるように思います。

これほどキレるジェリ アレンにはそれ相応の実力と経験のある
サイドメンが必要であると感じます。

こういった考えを持っていた時に実際に老練なベーシストとドラマーを得て
リリースされた作品が
Twenty One geri allen
"Twenty One" (somethin else)
Geri Allen

「トゥエンティ ワン」でした。

このアルバムはアメリカブルーノートの兄弟レーベルとして
日本のサムシンエルスが作成したものでした。

ベーシストにはロン カーターを
そしてドラムにはトニー ウィリアムズという
ベタもベタな鉄壁マイルズ黄金クインテットのリズム隊での作品。

収録曲の半数には
 .イフ・アイ・シュッド・ルーズ・ユー
 ビューティフル・フレンドシップ
 ティー・フォー・トゥー
木の葉の子守唄
  オールド・フォークス
と有名なジャズスタンダード曲がずらり

日本制作のジャズアルバムでサイドメンにはロンとトニー
そしてスタンダードとくればもう購入意欲が失せる人もいるでしょうな(笑)

ところがどっこいこのアルバムは良質なお勧め盤です。

創造性や実力のないピアニストであればこの企画が駄盤に終わったでしょうが
相手は俊才ジェリ アレン。

ガンガンドライブするトニーのドラムと魔法の絨毯ロン カーターのサポートで
いつになく自由にピアノを楽し気に操るジェリ アレンの演奏が聴こえるのです。

アルバムのコンセプトやら他のメンバーへの気配りなどから解放されて
自由自在に音楽を楽しむ彼女の姿がそこにあります。



そしてもう一枚
in the year of dragon geri allen
"In The Year Of The Dragon" (JMT)
Geri Allen

「辰年に」

このアルバムでジェリ アレンのサイドメンを務めるのは
ベーシストのチャーリー ヘイデンとドラムのポール モチアン。

これもまた願ってもない豪華なサイドメン。

タイプは先のロン=トニーとは全く違って
ゴツゴツと先ノリでユニークでメロディアスなベースと
懐深くしかもパルシブな鋭いツッコミもあるドラム。

ビル エヴァンズが来ようがオーネット コールマンが来ようが
キース ジャレットが来ようが無問題。

さてここでもジェリ アレンは天翔ける羽を得た如く
楽しそうに存分にピアノを弾いています。


ジェリ アレンほどの才女には
余裕たっぷりのオジサマでないと
  などと思う今日この頃でございます。



この記事で紹介したアルバムです
Twenty one
In the Year of the Dragon


コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ