FC2ブログ

ジャズ原理主義マルサリス家長兄が残したワークソング

「ボルガの舟歌」の記事のなかでハラーについて触れましたが
ジャズのアルバムに収録されたハラーを思いついたので少し

Branford Marsalis I Heard You Twice The First Time
"I Heard You Twice The First Time" (col)
Branford Marsalis

ブランフォード マルサリスの「アイ ヒアード ユウ トゥワイズ ザ ファースト タイム」

1992年リリースのアルバムでグラミー賞ジャズ部門の栄誉に輝きました。


通常のジャズアルバムとは少し毛色が変わっているアルバムで
ゲストにはブルーズ界の大スター達であるB.B. キング、ジョン リー フッカー、
リンダ ホプキンズが参加しています。

彼らゲストの参加している曲ではそれぞれの本業である音楽を演奏していて
そこへブランフォードらジャズ奏者達が同等に参加すると言うスタンスです。


ゲストが参加していないトラックでは通常のジャズが演奏されますが
それらの中に突然降ってわいたようにハラーの「ベルタ、ベルタ」が
謳われます。

初めてこの「ベルタ、ベルタ」を聴いた時には効果音を交えた
いきなり生っぽいワークソングに面喰いました。


この「ベルタ、ベルタ」についてはマルサリス一家三男坊のデルフィーヨが
インナースリーブで解説しています。

それによるとこの「ベルタ、ベルタ」はオーガスト ウィルソンの劇作
「ザ ピアノ レッスン」の劇中で出演者によって歌われたとわかります。

このブランフォードのアルバムの「ベルタ、ベルタ」には
その「ザ ピアノ レッスン」のオリジナルキャストが参加して
歌ったことの事です。


さてもまたありがたいご時世でございまして「ザ ピアノ レッスン」
劇中での「ベルタ、ベルタ」がyoutubeで観ることが出来ます。


まさにフランフォードの「ベルタ、ベルタ」にピタリと符合します。

もともとこの「ベルタ、ベルタ」はミシシッピー州立刑務所で
強制労働に携わった者たちの間で歌われたワークソングだったそうで
1930年代にフィールドワークにより採取されたとのことです。

一聴わかるようにヨイトマケの歌ですね。
  お父ちゃんの為なーら、エーンやコーラ


アルバムタイトルから想像されるのはブランフォードは
 俺たちのジャズの演奏の中にはハラーが息づいているんだぜ
 本物のジャズはこうだぜ
なんて主張しているんでしょうな。


ジャズの中に流れている様々な黒人音楽にスポットを当てようと言う
ブランフォードの意気込みは察せられますが
実のところ彼の演奏とそのルーツと主張したい音楽の
乖離具合がとてもよくわかるアルバムだと感じます。


マルサリス一家の目論見はよそに置いておいて
参加したブルーズミュージシャンたちの演奏は
ノリノリで大変にご機嫌なトラックsになっています。

ジョン リーが録音スタジオにやってきた時に
アップライトの大きなベースが用意されているのを見て
「おうっ、ガキどもおまえら本気だな」
と言ったとか言わないとか(笑)
  もちろんジャズでは当たり前のことですけど

ジョン リー 好きやわぁ
           うふふふふふふふふ




この記事で紹介したアルバムです
アイ ヒアード ユウ トゥワイズ ザ ファースト タイム




2018年10月12日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する