ジャズ喫茶"APRIL JAM"マスターの愛情の結晶"WORDS AND MUSIC"

april.jpg
リヴァーサイド古庄さんの記事を書いた時にしまい込んでいたディスコグラフィーを探していて
懐かしい本を見つけ読み返しています。

それは堺の三国ヶ丘にあったジャズ喫茶"APRIL JAM"のマスター今岡さんが
作成した"WORDS AND MUSIC"

ジャズや映画で良く扱われるスタンダードについて歌詞の日本語訳
使用された映画名と収録されたアルバムをまとめたものです。

取り上げられている曲にはちょっとした感想やエピソードが添えられていて
マスターのスタンダードや映画にに対する溢れる愛情が読み取れます。

取り上げられた曲数は101というのもジャズ好きにはニヤリとさせられます。


スタンダードに対する和訳および解説書としては

村尾 陸男 「ジャズ詩大全」
が良く知られるところですが一冊目は1991年の発行です。

今岡さんがこの本を発行されたのは1989年の発行
それ以前にはこれほど詳細なスタンダードに関する書物は
ちょっと見当たらないと思います。

ネットが普及した現在ではこのような本の作成は
当時のような困難は伴わないでしょうが
当時ではこのような本を作成するのは並大抵の苦労では無かったはずです。


"APRIL JAM"というジャズ喫茶はいわゆる白いお店でして
私が専門とするアフロアメリカンのジャズとは正反対の趣味でした。

普段はそういった傾向のお店には寄り付かないのですが
白いジャズに対する知見も少しは欲しいなぁと思って
二三ヶ月に一度は顔を出していました。
  大阪市内だったら月二は行きたかった 天牛書店もあったし

ジャズ喫茶には似つかわしくない温厚そうなマスターの
趣味の良い選曲が素敵でした。
  温厚そうだが気骨は十分にかんじられた

それまでの私の管見に入るはずもない
レニー ニーハウスのすばらしさを知ったのもこのお店でした。


いつもワープロに向かって何かを書きつけているなぁと思っていたら
ある時伺うと仕上がった"WORDS AND MUSIC"が店頭に並んでいました。

手に取ってみると私が欲しい本であることがすぐにわかり
早速帰りしなに購入しました。

こんな素敵な本を作成したマスターにサインが欲しいとおねがいすると
「こんなことしたことがないから……」
とはにかみながら署名してくださいました。
jam.jpg

マスターお元気でしょうか
いまも好きな白いジャズをお聴きでしょうか



古庄さんといい今岡さんといい
素晴らしい成果を

私はこんな駄文を書き連ねるばかり
まぁないものねだりはしても仕方がないですな(笑)


コメント 2件

コメントはまだありません
masuda  
river side の件

貴店には何度かお邪魔しています、偶然、わが家もcec+c-20+se401?なこともあって、貴店の素晴らしい選曲と音に長居した記憶があります。

「古い記事へのコメント歓迎」とのことですので暇に任せて書きます、古庄氏の銀座riverside閉店とのこと、ネット検索しても確認できません。
もしかして九州博多で約60年続いてきて11/8に閉店したriverside のことではないでしょうか?私が社会人になってからの3年間、福岡勤務で入り浸っていた店です。その当時の店主にはとてもお世話になり、店主代理だった若者に坂根楽器を紹介すると、氏はその後1人で年に3度は渡辺氏に会いに行くようになりました。その渡辺氏の訃報は貴殿の記事で知りました。渡辺氏については、晩年、神戸のレコード店にいたこともあって、先日も神戸doodlinで話題に上りました。また、天下茶屋の岡田氏も残念でした、共に癖も強いがとにかく博識で素晴らしい存在でした。

また、私は生まれも育ちも堺なので、三国ヶ丘のapril jam にはよく行っていました。今岡氏の話、とても懐かしかったです。素直な良い音の店でした(無理して同じサンスイのパワーアンプを買った思い出があります。)

では、又その内、お邪魔して長居出来ればと思っております。

2018/12/15 (Sat) 03:47 | 編集 | 返信 |   
Sonny  
Re: river side の件

MASUDA さん、こんにちは。

ごひいきくださりありがとうございます。

お尋ねのジャズ喫茶RIVERSIDEの件ですが、残念なことに先月の中州のお店に続き銀座のお店も本日15日限りで閉店との事です。
ネット上で検索してみあたらないとのことですが、twitter上で検索いただければ該当する記事が多数確認できると思います。
今岡さんについてはこの記事でどなたからか現況が知れるかなと思ったのですが、いまのところどなたからも反応はありません。
お元気であればと願っています。
又お暇があればどうぞお越しください。
コメントありがとうございました。

2018/12/15 (Sat) 15:50 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ