三つ子の魂 愛好する音楽の本籍地

IMG_1255.jpg

音楽を愛好されている方はこの世に数多くいらっしゃいます。

音楽好きと言わずとも普通に好きな音楽があるという方の人生を
大まかに記しますと
 1 中学生から大学生の間に好きな音楽やミュージシャンができる
   アルバムを盛んに購入する
     いまならダウンロードなんでしょうな

 2 社会人になり音楽とは疎遠になる
   or
   社会人になっても音楽を聴いていたが
   結婚を機に音楽から遠ざかる
   or
  結婚をしても音楽を聴いていたが
   子供が出来て音楽から遠ざかる

3 子供が成長し再び学生時代によく聞いたミュージシャンや
  音楽を聴き始める

まず一般の方の音楽との関わりとはこういうものだと思います。

社会人になっても月に何枚かのアルバムを購入するなんて人は
そう居るもんじゃぁありません。
  私の周りには例外の方が多数いらっしゃいまして所有アルバム1000越え
  なんてザラ(笑)
  普通の人は驚かれますが何十年もアルバムを買い続けるとこうなるのは当然


つまり結局のところ普通に音楽を聴いておられる方は
学生時代に愛好していたジャンルなりミュージシャンを
生涯聴き続けることになります。

ということは学生時代の音楽経験がその人の音楽観を決定するわけです。

これはもうかなり強固な結びつきだと思います。


社会人になってもアルバムを買い続ける人というのは
真の音楽愛好家と言えるのだと思います。
   大丈夫あなたの感性はまだ閉じてはいない


その人が本当に音楽好きであるかどうかを判定する一つの方法は
この一年の間に再発ではない新譜を何枚買ったかを問えば良いと思います。

さーて ジャズ愛好家を自任するあなたは新譜を何枚買いましたか?








  でも200枚以上は狂気の沙汰だと……
     わはははははははははははははははははは






    

コメント 1件

コメントはまだありません
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/01/03 (Thu) 20:55 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ