世紀の大発見と言われた昨年のコルトレーンの発掘アルバムの今

ohn Coltrane Both Directions at Once The Lost Album
Both Directions at Once: The Lost Album (impulse)
John Coltrane


年始になるとテレビや雑誌などで今年がどんな年になるかの占いが
さかんに取り上げられるようになります。

まぁ経済学者や占い師が好き勝手に今年について
自信ありげに語っています。

毎年の事なのですがこれらの推測に対して
実際にあたったのかどうかを検証する番組なり特集記事なり
年末に行えばいいのにと思いますがそうもいかないようです。



こんな事をかんがえていてふと思いついたののが冒頭の
昨年華々しく取り上げられたコルトレーンの発掘アルバムの事でした。

このアルバムについては大手新聞に取り上げられるなど
ジャズ界の話題としては世間の注目をも集めた記事でした。

当時のこのアルバムについての私が聴いてみた感想については
当ブログの記事にまとめてあります。
Both Directions At Once: The Losts Albumを買うべき人


まぁいろんなジャズ識者と呼ばれる方が口をそろえて
ほめそやした当アルバムですが実際にそれらの方々は
昨年のベストアルバムにこのアルバムを選んだのでしょうか。
  また繰り返し愛聴しているのか

選んだのならそれはなぜだか理由が知りたいですし
選ばなければ選ばないでやはり理由が知りたいです。

ちょっとそんなシニカルな気持ちをいだいた
今日この頃でございます。


「それでお前はこのアルバムを結局どう思うのか」
ですと
 そりゃもう先のブログの通りです ただのリハーサルテイク
 そしてそれがコルトレーンのものだったという事


コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ