ジャズを知るではなく聴く力をやしなう

ojaru.jpg

ジャズを聴こうとする人がよくおかす間違いにジャズをお勉強することがあります。

 ジャズを聴き始めてまず何から聴いていいのかわからないから本を読む
 ジャズが好きになってきてもっと好きになりたいから本を読む
 ジャズのわからない部分を解き明かそうとして通人に解説を頼む
 ジャズが生まれた背景を知ればよくわかるようになるのではと本を読む
 ジャズの通人たちが未知のアルバムを話題にするのでこれではいけないと焦って本を読む
                  etc. etc. (©Kumiko Ooba)

こういったジャズをお勉強する行為は実を言うと
ジャズをよりよく楽しむようになる邪魔をすることがほとんどです。

ジャズをよりよく楽しむために必要なのは
知識ではなく聴く力をやしなう事なのです。

ジャズを楽しむのに知識が必要ならば何の情報もない
新人の演奏を楽しむことは出来ないはずです。

ジャズをよりよく聴く為の様々な感性がひらかれている人であれば
初めて聞く新人の演奏であろうがブラインド(演者やタイトルなどを知らされない)演奏であろうが
何の苦も無く演奏を楽しめるはずです。
  このことは多くの自称ジャズ通が良く知られた古いジャズしか聞かない理由といえる

ジャズを知ることがジャズを直接楽しむことにつながらないのはあきらかです。
  ただし私はジャズを知り蘊蓄を語る楽しさを否定するものではありません

それどころかジャズを知ることによってジャズが余計にわからなくなる
あるいはジャズを聴くことを断念する危険さえはらんでいるのです。

ジャズの解説書には大物とされるジャズミュージシャンが多数掲載されているはずです。
  チャーリー パーカー
  レニー トリスターノ
  エリック ドルフイー
  ジョン コルトレーン
  オーネット コールマン
  アルバート アイラー
               etc. etc. (©Kumiko Ooba)

これらの大物ミュージシャンはジャズ史上に輝く大物ですが
ジャズを聴き始めた人に楽しめるかどうかは大いに疑問です。

「みんなが良いと勧めるミュージシャンが楽しめない私はジャズが向いていないんだ」
と思って聴くことをあきらめた人をたくさん知っています。

これでは何のためにジャズの本を読むのかわかりません。

もっと始末が悪いことには本当にこういったジャズジャイアンツの音楽を楽しめてはいないのに
これらの音楽が素晴らしいのだと思い込んでしまう事です。
  まるで洗脳のようだ


もっとジャズを楽しむようになりたいと解説を読むのも大きな危険をはらんでいます。

ジャズの解説の中には本当にはジャズを理解していない人が書いている物が少なからずあります。
  アルバムのライナーノーツなんかはかなり危険 彼らはお金を貰って書いているんですよ
  専門でない人の書いた新聞や紹介欄などもかなりいい加減

解説を鵜呑みにするのはやめた方がいいです。

ジャズに対する解説が的を射た物だとしてもやはり問題があります。

その解説をした人の感性以上の楽しさは読み取れないからです。
  明後日の方向のジャズ観を植え付けられる恐れも


人があるジャズに対してどのような感想を持つかなどは
それこそ人様々です。
  どんな人を好きになるかはそれぞれでしょ

多くの人が思うように自分の感性を矯正する必要はありません。

自分の感性を活かしながら多くのジャズを聴くことによって
新しい感性をひらき多層的にジャズを楽しめるようになることが好ましいと思います。

行儀作法を習うようにジャズを勉強することに私はかなりの抵抗があります。
  音楽ぐらい自分の好きにさせてくれよ

もちろん様々なジャズを楽しめるようになるにはそれなりに時間がかかります。

自分が楽しいと思えるあるいは心に引っかかるジャズを
中心に聴いていけばよいと思います。

そうすればジャズをお勉強にしてしまう愚を犯さなくていいと思います。

今まで良いと思っていたジャズがつまらなくなることもあるでしょう。

チンプンカンプンだと思っていたジャズが突然面白くなることだってあるでしょう。

そうやってだだっ広いジャズの世界を泳ぎ回るうちに
いつしかジャズはあなたにとって信頼のおける友達のような存在になっているはずです。


ジャズを聴くことぐらい自己中心的であって欲しいです。
  多数決反対


ジャズはとっても楽しいです
Enjoy Jazz!



Jazz and Freedom go hand in hand
(Thelonius Monk)








        





コメント 3件

コメントはまだありません
瀧本毬乃  
jazz初心者です

私はjazzに関しては大して知識もまだ無く 所謂スタンダード ジャズジャイアント達の名曲みたいなものを聴くのが初心者としては、最初なのかな?と思っていましたが、マスターさんの意見を拝見して やっぱり自分なりに色々聴いてみようと思いました。
今はjazz関係者の方々のjazzアルバムの紹介ツイートを参考に聴いたりもしていて、まだ迷子状態かも?(笑)しれませんが、これからも色々聴いてみようとも思います🎵

お店にも是非行ってみたいです。
そのときには初心者なんで
優しくしてくださいね😆

2019/02/07 (Thu) 08:45 | 編集 | 返信 |   
Sonny  
To 瀧本毬乃さん

瀧本毬乃さん、初めまして コメントありがとうございます。

昔と違って現在はスマホさえあればネットラジオや聴き放題ストリーミングなどで古典から現代ジャズに至るまでいとも簡単に聴取することが出来ます。
本に頼らずにそれらから実際の記録された音源を聴くことがジャズを楽しめるようになる近道だと思います。

ご来店いただけるのはありがたいですが特別扱いは無しです。
私なりにお客様に喜んでいただけるようにベストを尽くします。
それとただの洋酒喫茶ですので過剰な期待はしないでください。
オシャレなお店では全くありません。
気軽に一杯やるつもりでどうぞ。

因みに私にとって京都と名前の最後に乃がつく人は鬼門であります。
うふふ

2019/02/07 (Thu) 18:29 | 編集 | 返信 |   
瀧本毬乃  
御返事有難うございます。

あ、初めまして。
お忙しいのにお返事来なくてもイイかなと思っていたのですが、御返事頂き感激です😊有難うございます。 

もちろんjazz系のお店と言うことで、私には少々敷居が高い気はするのですが😅、過剰なお洒落なお店みたいな期待はしていませんよ(^-^)
と言うてしまうと失礼に当たるかもしれませんが(^o^;)
私のイメージでは、照明も一段落ちて、お酒を傾けながら、ゆっくり聴くような落ち着いたと言うか、アダルトな雰囲気ですかね。

jazzに関しては、今のところマスターの推薦盤を聴いたり、Twitterのjazzに関するツイートを見て聴いたりしています🎵
Buddy DeFrancoのjazz tonesもスゴく良かったです✨
どうしてもjazzと言うと、花形のSaxに行きそうですが、クラリネットも素敵です。

きっと そのうちにお伺いします✨
よろしくお願いいたします。

2019/02/07 (Thu) 23:40 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ