ブラインドフォールドの効用



 
 ジャズ愛好家の仲間内でのお遊びにブラインドフォールド テストというものが有ります。まったく何の情報も知らさないでかけた曲について、その演奏者を当てるといったものです。
 知り合いのOさんがこのお遊びに結構はまっていまして、この間も自分で制作したCDと問題を私に持って来ました。ブラインドの問題を作るというのはなかなか難しいものです。誰も知らないような演奏者を当てろというのは問題として成立しませんし、かといって有名なアルバムからセレクトするとただの知識問題になってしまいます。
 ブラインドはどれだけの曲をアルバムを聴いて覚えているかというのを競うのではなく、演奏を聴いただけでその奏者を当てるという部分に妙味があるわけです。したがって理想的な問題は良く知られている奏者ではあるがあまり世の中に知られていない演奏ということになります。たとえば良く知られているミュージシャンのブートレッグであったり希少盤からの出題というのが望ましいわけです。
 この良く知られたという部分も年季の入ったジャズ愛好家になるとだんだんマニアックな演奏者を出題したくなるものです。ピアノですとパウエルやピーターソンといった有名人では飽き足らず、ウォルター デービスとかローランド ハナなどといった人達を選択したくなるわけです。
 出題する演奏の年代も通常では1945年頃から1965年頃といったところが一般的だと思います。それ以降の年代に活躍するミュージシャンだと普通のジャズを聴く人にはまず親しみが無いからです。これについてもジェーソン モランであるとかD.D. ジャクソンといった人を出題したくなるのですが、普通の愛好家達には守備範囲外になってしまうことが多いのです。
 つまり将棋や囲碁の対戦相手を探すようなもので出題者と回答者のレベルが揃っていないと面白いブラインドテストは成立しないわけです。こういった傾向がどんどんエスカレートして、すれっからしのジャズおたくにしか分からない問題ばかりになってしまうことがままあります。レイ ジョンソン、ドン スリート、カルロス ガーネット、トニ パシーニ… こうなると普通のジャズ愛好家の手には合わなくなってしまいます。
簡単な問題では歯ごたえが無くて面白くなく、あまり難しいと誰にもわからない問題になってしまうので、その辺のさじ加減がブラインド テストでは一番の要点になるわけです。

 回答者としてブラインドテストを経験すると、自分がいったいどのようにジャズを聴いているかがよくわかります。
  テーマばかり聴いていてアドリブは聴いていない
  メロディーラインは聴いているがバッキングは聴いていない
  意外にドラムスを良く聴いている
  60年前後のファンキーはおまかせ
  ブルーノートは良く聴いているがプレステッジは聴いていない
 といった具合に自分の日ごろのジャズの聴き方や得意なところ、不得手な部分などが明確になるといった効用がブラインドテストにはあります。
 私の場合ミュージシャンの個性をその音色によって判別している部分が大きいということに気付かされました。特にそれはホーン陣やベースについて顕著でした。音色がハッキリと確認できない録音だといったい誰なのか良くわからないのです。たとえばフレージングにハワード マギー特有の個性を認めても、音色が違うとハタと困ってしまうのです。ベースに至っては音色や輪郭がハッキリしないオーディオで聴くともうまったくのお手上げです。

 スイングや中間派のセッションは聞いていないので当たり前なのですが、まったくわかりません。エリントンも聴かなあかんなーといいながら10数年。ブラインドの一番の効用はまだまだ聴いていない、いい演奏に気付くことだと思います。
  
  
 

2005年11月29日 象をなでながら考えるJAZZ トラックバック:0 コメント:1

きのうローランドで、成立したかも。

2005年12月01日 BlogPetのsilver URL 編集












管理者にだけ公開する