歌はナットですがピアノはガーランドゆずり (BlogPet)

きのうは演奏ー!

ブラインドフォールドテストで思い出しましたが正解はなんとスタンリーカウエルでしたわけです。
演奏してブラインドフォールドテストになってしまうからです。
さてさてこんなブログを書いているのでは無いと判る演奏であっても、チェンバースと記載されているすれっからし達の話題になったのですが未発表のハンプトンホーズトリオの50年代のコンテンポラリーのホーズの演奏を問題になりました。
50年代のコンテンポラリーの演奏はジャズピアノを聴く者及び演奏するものにとっては謎解きは意外と簡単でした。
曲によって二人のベースが誰なのかというものでした。
レコードをプロデュースする立場の人だったのでことはさらに野次馬達の話題の種にこのアルバムのベースは一聴している場合は演奏よりそのメンバーを推測するしかありません。
チェンバースのベースが誰かわかるかどうかは、入門盤とも聖典ともいえるような人にもその誤りを指摘する力が無いというと。
silverたちの見解ではないかという指摘が有りましたが、意図せずして判るのです。
この投稿により再び仲間内の一人がおせっかいなことに落ち着いていたラファロとポールチェンバースの名が記載されました。
曲によって二人のベース奏者としてスコットラファロはどの曲でも弾いているようにはベースを演奏しているかどうかの試金石になっていましたが正解はなんとスタンリーカウエルでした個性の持ち主を聞き分けることが多いのですが、silverはそのピアノをテテモントリウだとすぐに判別がついたからです。
明らかに記載のメンバーでは無いと判る演奏であっても、間違っているメンバーだと思って誤って記載されていたからです。
このアルバムがなった訳です。
それでジャズを判ったような有名なハッキリとしたわけです。
もう5年程前のことがたまに有ります。
こういう場合はまだいいのです。
演奏して判るのですが未発表のハンプトンホーズトリオの演奏をきいているようには思えません。
不明である場合はちょっとやっかいです。
ミッチェルとホーズによるトリオの50年代のコンテンポラリーのホーズの演奏が発売されました。
ところがそのアルバムを聴いてみたところスコットラファロが弾いていましたが、レコードレーベルを主宰しプロデュースするような人にも、チェンバースとミッチェルだとすぐに判別がついたからです。
もう5年程前のことですが、誤って覚えてしまうことが多いのです。
そのベース奏者が誰なのかという美しい曲の一部もスコットラファロはまったく弾いているかどうかは、ちゃんとピアノの一般教養課程を習得している者にとっては、入門盤とも聖典ともいえるような口をきいている曲のピアノ演奏を問題に出されたのですが未発表のハンプトンホーズトリオの演奏をきいているメンバーが不明な事があります。
ブートレッグ(海賊盤)や発掘盤などの場合演奏して判るのです。
明らかに記載のメンバーではベース奏者としてスコットラファロ及びミッチェルという有名な物だったのですが、そのほかのベースは一聴してブラインドフォールドテストで思い出しました。
レコードをプロデュースする立場の人だったのでことはなかったのです。
その仲間内でかのアルバムのこと、有名ジャズ誌の編集部にもその誤りを指摘することにより、後に正しいと思われるメンバーへの訂正投稿が再度掲載されることに投稿に対する誤りを指摘する力が無いというのがリズム隊であればなんと言うのが問題になり仲間内の一人がおせっかいなことになりましたが正解はなんとスタンリーカウエルでした。
ううん、残念無念。
ブラインド恐るべし。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「silver」が書きました。

2006年01月13日 blog pet トラックバック:0 コメント:2

きのうsonnyで、海賊も演奏しなかったよ。
さてきょうsilverはここへファも演奏した。

2006年01月13日 BlogPetのsilver URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006年01月14日 編集












管理者にだけ公開する