未熟者の言い訳に「初心忘るべからず」




 そろそろジャズを聴き始めて30年もたとうかというのに、まだまだ「ジャズならこれが一番です。」と断言できない優柔不断な私です。「昨日はあれがいいし、今日はあれがいいし、お酒を飲むならあれがいいし、対峙して聴くならこれがいい。」といった具合で一向にジャズの嗜好が収斂するきざしはありません。
 「マイルズを聴け」とか「ジャズは4ビートに限る」やら「パーカーさえ押さえてしまえば」などと誰にもわかりやすく言い切ってしまえたらなと思います。
 ブログに対するコメントの返事を書いていて、じくじくとこんなことを考えていました。こんな私に少しばかり言い訳を。

 前にも少し書いたことがあるのですが私はジャズを聴きたいと思って聴き始めたわけではありません(2005/07/21のブログ参照)。なにやらジャズを聴くうちに引き込まれるようにどんどんとその深みにはまっていき現在に至りました。
 最初からジャズに対しての鑑賞力に優れていたわけではなく、徐々にその良さに目覚め、幾度も大きな理解力のステージを登ってきたようです。二十才の頃は「マイルズなんてネクラなラッパは嫌いだ。」とか「だらだらと牛のよだれのような繰言を並べるコルトレーンはイモだ。」などとむちゃくちゃな暴言を吐いて、周囲のジャズファンの失笑を買ったりしていました。今から思えば顔から火が出るような気がします。


 「初心忘るべからず」という言葉がありますが、いつまでも物事を始めた頃のフレッシュな心構えを忘れずに精進すると言ったように理解されることが多いようです。
 しかし世阿弥の言う本来の意味は少し違うようです。

 『初心忘るべからず  時々の初心忘るべからず 老後の初心忘るべからず 』 

 始めた頃の芸に対する自分の出来や理解の程度を忘れずに覚えておくように 芸に対する出来や理解が深まりそれぞれの段階にあるときにも始めた頃の程度とともに覚えておくように 年老いて出来や理解がさらに深まっても始めた頃の程度を覚えているように
 
 ジャズを聴くことに対してこの言葉を当てはめると
 「ジャズを聴き始めた自分の理解力がいかほどであったか忘れないように。少しばかりジャズがわかり始めたときに自分がどう感じていたかを忘れないように。ジャズに対する鑑賞力が十分についたと思えるようになってもかつての自分の理解がどうであったかを常に忘れずに、更なる理解を目指し聴き始めた人にも手ほどきするように。」

 古典芸能好きの私ですがどうもお能というのは理解が進まなくて、ほうってあるのですが、この世阿弥という爺様は気にかかるひとです。
 
 自分がカタツムリの歩みのようにゆっくりとジャズに対する理解を進めてきたのがわかっているので、そしてその先のジャズの楽しさも大きいであろうと思うがゆえの優柔不断。
 こんな風に思っていただけたら幸いなんですが。いやいや長い言い訳でした。 
 いっぺん「あの王様もこの王様も裸だ!」て叫んでみたいなとは思いつつ…

2006年02月24日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:8

こんにちわ。
私は純粋に音楽を音楽として聴いて居ないと思います。
自分の生きている毎日の為のBGMに利用している・・・と言っても良いのかも。
音楽を音楽として純粋に聴いている人にとっては邪道なのかもしれませんが、ヤッパリ無しじゃいられません。
「聴く権利なんて無い」と言われたって、地下に潜ってでも聴きます(笑)。

2006年02月24日 falso URL 編集

falsoさん、こんにちは。
ふふっ、裸の小市民はよかったですね。ご理解いただいていると思いますが私が裸だと言いたいのは「4ビートだ」、「マイルズを聴け」なんぞとおっしゃる王様のことです。
いつも言うことなのですが、音楽というのは自分の楽しみのために聴くものであってお勉強ではないのです。
人にこう聴かねばならないと言われたり、そう思い込んだりすることほどつまらないことはないと思います。
falsoさんは十分に音楽を楽しんでおられると感じます。
本当に不思議に思うのですが音楽というのは生活のうえで全く必要のない人もいれば、falsoさんのようにもちろん私も含め音楽が無くては生きていけない人もいますね。
そういう時代もそう遠くない昔にあったようですが、地下に潜らないとジャズを聴くことがかなわない時代が訪れないように願いたいものです。

2006年02月25日 Sonny URL 編集

こんにちは。

音楽の理解。
ワタシの場合は、多分、ジャズを楽しめるようになった時に一度、そして、ラテンを聴くようになった時に一度、劇的に理解力(「楽しみ方のコツを掴む力」って意味です)が高まった(広がったというべきかも)ように感じています。

「自分の主義(というか趣味)は正しいから全世界の支配的潮流であるべきだ」とかカンチガイされている王様は確かにアチコチにいらっしゃいますね。

モチロン、ワタシもある種の王様の一人(「聴けぇえええ」とか「スゲェえええ」とか言うのが大好きなので・・・)ではアリマスが、他国の侵略だけはしないでおこうと思っております。(影響力は与えたいですけど。)

2006年02月25日 bugalu URL 編集

bugaluさん、コメントありがとうございます。

bugaluさんのおっしゃるとおりいろいろの音楽性を楽しめることでさらに楽しみが深まっていきますね。立派なフランス料理だけじゃなく焼肉もお茶漬けもフカひれも餃子もカレーライスも食べたいもんです。
 いつも感心しているのですが、ミュージシャンでありながら、あれだけの様々な音楽を楽しんでいるbugaluさんには驚かされます。全く稀有なことだと思います。
 またいろいろなアルバムを教えていただくのを楽しみにお伺いします。

2006年02月25日 Sonny URL 編集

こんにちわ、「裸の王様」の犠牲になった経験有りの「裸の小市民」falsoで御座います(笑)。
それほど情報の無かったあの頃、色々と知りたいと思って積極的になる時に立ちはだかる壁だった様な気がします。
同じ色に染まっていく人も見ましたし、それ以上楽しむ事が出来ずに去って行った人も知っています。
人の話を信用しない私は、本当に随分苛められましたから(笑)。
聞き方なんて人それぞれですから、どんな聞き方をするのも勝手ですが、bugaluさんのおっしゃるとおり、ヤッパリ他人の聞き方の邪魔だけはしたく有りませんね。

P.S.
Sonnyさん、ハンプトン・ホーズがまだ来ません。段々イライラしだしています(笑)。

2006年02月25日 falso URL 編集

falsoさん、こんにちは。
私もプロやらアマチュアやらいろんな裸の王様(ほとんど団塊の爺様たち)にいじめられました。珍しいことにヘンコな性格が幸いしてジャズを嫌いにならなくてここまでこれました。
CDですけど私は数回2ヶ月以上待たされた上に注文をキャンセルされた(amazonでもHMVでも)ことがあります。fantasyがああいった状況なので在庫が有るのか気になるところですね。どうしても手に入らないときにはおっしゃってください。多分なんとかなると思います。

2006年02月26日 Sonny URL 編集

世阿弥流’’初心忘るべからず’’ほーなるほど!ですね。奥が深いです。

今までアニメソングしか聴いたことの無い義兄が急病で入院したのですが、「ジャズが聴きたい、何でもいいからテープをくれ!(音楽とは無縁の人間なのでMDとか使いこなせないんです)」と言い出してびっくりしています。ジャズって人の弱みにつけ込むものなのかも知れませんね。
身内にジャズ好きがいない私としては、この機会にジャズ地獄へ招待しようとたくらんでいます。

相変わらずの鋭い洞察、またみにきます。
鋭い洞察、また見に来ます。

2006年03月13日 ピアニシモ URL 編集

 ピアニシモさん、ご訪問ありがとうございます。
 世阿弥の深さは全くはかり知ることが出来ないのですが、ジャズもまた確かに底なしの世界ですね。
 きっかけはどうあれジャズを楽しめる方が増えてくれるのは嬉しいことですね。他人様から見ればジャズ地獄に苦しむ亡者のように見えるのでしょうが、私は"I'm in Heaven ♪"てな具合です。
 ジャズがお義兄さまの手助けになればいいですね。

2006年03月14日 Sonny URL 編集












管理者にだけ公開する