ロリンズの引退によせて




ソニーロリンズが引退を発表したようです(Thank you やんきち さん)。「またかいな」とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、今回は体力の衰えによるものでしょうから復帰は望めないでしょう。
 幸いなことに11月に日本でのコンサートがあるようなので、ジャズがお好きな方はぜひ足を運んでいただきたいものです。ジャズと言えば合言葉のように出てくるインプロビゼーション。しかしながらパーカー直系のあふれ出るような即興というのは、中々耳にすることはできません。
 現役テナーではパーカーに比肩するのはロリンズぐらいのものでしょう。まさに今そこで生まれでたようなアドリブに生で接してみてください。確かに録音では収まりきれないジャズがそこにはあります。
 そういったしりからCDを紹介するのも気が引けますが。 
 1993年のことだと思いますが、店でロリンズの"Easy living"('77)をかけていると、20代と思われる男の方に「新しいロリンズのアルバムですね」と言われました。15年以上も前にリリースされたアルバムを、新しいアルバムと呼ぶことにとても驚いた覚えがあります。
 それはその言葉が懐メロジャズ世代の団塊の人々から発せられたのではなく、自分より若い人からのものだったからです。現在に至るまでロリンズはコンスタントに新譜を発表しています。すべてが快作とは言いませんが、素晴しいアルバム(もちろんEasy livingも)も多数あります。その20代の方はリアルタイムのロリンズを聴こうとせず、書物の中の名盤からロリンズの音楽に接したのでしょう。
 「こりゃジャズもいよいよ古典芸能に成り果てたな」と一人深いため息をつきました。
 閑話休題。90年代ロリンズの文句無く快作と呼べるアルバムの紹介です。

"Sonny Rollins +3" Sonny rollins
 このアルバムは二組のリズムセクションを伴いすべてワンホーンで録音されています。ボブ クランショーのベースは共通ですが、1)スティーブン スコットのピアノにジャック ディジョネットのドラムス。2)トミー フラナガンのピアノにアル フォスターのドラムスという組み合わせです。
 ピアノレスでの録音が定評のあるロリンズですが、ここではピアノを従えた分くつろいだジャズが繰り広げられています。冒頭の”What a difference a day made"からゆったりとした歌心あふれる力強いロリンズ節が堪能できます。フラガナンのピアノもいいのですが、注意深くぴったりとロリンズのテナーにあわせるフォスターのドラムスが素晴しいです。
 このアルバムの白眉はなんといってもあれよあれよという間に1曲を、一人テナーのソロのみで吹ききってしまう"Mona Lisa"でしょう。これぞロリンズの真骨頂です。とてもじゃないけれども65歳のじい様のやることとは思えず、ここにいくど目かの全盛期を彼は迎えたようです。
 ほかにも旧友ホレス シルバーにささげた"H.S"、男らしいロマンチックな演奏がなんともいえない"Cabin in the sky"など、捨てるべき曲がひとつも無い素晴しいアルバムです。ジャズ初心者の方にも、長らくジャズを愛好されてきた方にもきっと満足していただける一枚です。

 ロリンズさん、素敵な音楽を今までありがとう。あなたの音楽に何度助けてもらったことか。そしてこれからもずっとあなたの音楽を愛し続けることでしょう。これからはゆっくりとした人生を楽しんでください。
 でも一抹の寂しさは抑えることができません。本当にありがとうございました、感謝します。(ⓒSonny Rollins) 
 

2005年07月11日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:4

おじゃまします。
ロリンズが復帰し、NHKの番組のなかで、みんなが口ずさむような演奏がしたいと言っていましたね、憶えています。当時の来日記念のポスター持っていたのですが捨てたのが残念です。
昔通ったJAZZ喫茶(大阪、高松も)がありますのでご覧ください。コメントも付けずに放置状態ですが、いずれブログで紹介してリバックしようと思っています。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~xxxx/1_matti/matti_top.htm
最近ほとんど大阪に行く事はありませんが、機会があればお店におじゃまさせていただきます。
パラゴンの店はたいがい上品で落ち着いた店が多いですね。高松のような不毛の地でも3軒ぐらいありました。

2005年07月12日 URL 編集

 コメントありがとうございます。
 私にも懐かしいマッチがいくつかありました。でもまだ残っているお店はほんの数件ですね。淋しく感じます。
 申し訳ありませんがうちの店はお客さんがどこに座ったらいいか困るくらいとっ散らかっています(笑)。
 

2005年07月13日 Sonny URL 編集

Sonnyさん、こんにちは。わたしのblogにおこし頂きありがとうございました。これからもいろいろと教えて頂ければ幸いです。

2005年07月21日 おさかな URL 編集

Sonny
こちらこそありがとうございます。これからもゆっくりとジャズを楽しんでいってください。

2005年07月21日 Sonny URL 編集












管理者にだけ公開する