JAZZの値段は不思議に満ちている



 パソコンを自由自在に扱う今の若い世代の方にとっては何の雑作も無いことなのでしょうが、私にとってはダウンロードで音楽を購入するというのはかなり抵抗感が有ります。実体をともなう商品には充実感と安心感がありますが、目に見えないデータを購入するというのはなんともたよりなく感じます。
 ライナーや録音データが不明だというのも困った物です。インターネットで検索をかければある程度のことは判明するのでしょうが、プロデューサーや録音技師、ジャケットデザイナーなど細かいことまでは分からないのではないかなと不安にも思います。
 そんなことからダウンロードで曲を購入するということは無かったのですが、半端なネット上での購入ポイントがあったのでちょっと冒険して買ってみることにしました。
 さてどんな物が買えるのかなと調べてみて驚いたのは、たった3,4分のポップスの楽曲と、平均でもその倍くらいはあるJAZZの楽曲とが同じ値段の150円だという事実です。これはジャズを聴く人にとってはかなりお得な価格設定です。
 ならばと私の頭に浮かんだのは長い曲を演奏させたら右に出るものは無いジョン コルトレーンその人でした。コルトレーンと決めて次に思いついたのは写真にある"One Down, One Up: Live at the Half Note"でした。
 この作品は放送音源の発掘盤で、海賊盤としては知られていたのですが正規にリリースされるのは去年が初めてというものでした。45分番組が2セット収録されていてCD二枚組みとして出版された物でした。二枚組みにもかかわらず演奏されている曲はたったの4曲。つまり1曲あたりの収録時間は20分超という代物です。
 こりゃもうコストパフォーマンスにおいてはこれ以上のものは無いと言えるでしょう。ちなみに国内盤を購入すると3900円。アマゾンで米盤を買うと3289円。4曲入りですからダウンロードで購入すればなんと600円!…  のはずがアルバム全体のダウンロードは1200円と倍になっています。
 どうしてなのかとよくよく確かめると、楽曲前後にMCのアナウンスメントが入っているのですがそれらも楽曲としてカウントされていて計8曲の1200円とアルバム代金が算定されていました。アナウンスメントを600円も払って購入する酔狂な人もいるのかなと思いますが、私はそこまでの度量はありませんので楽曲のみを購入することにしました。
 まずは一曲ということで"My favorite things"をダウンロードしてみました。ダウンロードそのものは難なく終わりました。音源自体の音質がそれほどの品質では有りませんので音そのものはそれほどの不満は感じませんでした。
 楽曲の内容ですが、この時期のコルトレーンのアルバムをお持ちならばあえて購入するまでも無いと思います。演奏内容は平凡ですし、一番悪いのは助走の長いコルトレーンがエンジンがかかりだしたところで番組の収録の都合でショウがフェード アウトしてしまうところです。最後まで収録されていたらもっと素晴しい演奏であったかもしれないのが残念です。
 ということで、他の三曲の購入は見送ることにしました。アルバム全部を購入しなくてもお目当ての曲だけを買えると言うのはダウンロードというシステムの大きな利点だと感じました。
 おまけですが、この作品はアナログレコードでもリリースされていてその実勢価格は6千数百円といったところです。今回に限らずですが音楽の値段は摩訶不思議な物だなと、改めて感じた一件でした。
 しかしこのコルトレーンの演奏はほんとは何分有ったのでしょうかね。40分は軽く有ったろうなと思えるのですが。コルトレーンの演奏にも負けず大きな声で会話しながら食事をするアメリカのお客さんもすごい物だと変な感心をしました。


 

2006年05月05日 埋もれたCD紹介 トラックバック:0 コメント:4

こんにちわ。
現在はCDをメインに聴いていますが、CDに乗り換えたのは世間の人と比べると随分遅かったと思います。
私もジャケットや現物を含めて「音楽」と考えるタイプなのでダウンロードで買う事には随分抵抗が有り、まだ手を出した事が有りません。

確かに時間で考えるとJazzはお徳ですね(笑)。

2006年05月06日 falso URL 編集

falsoさん、こんにちは。
 やっぱり実体のない買い物は中々手が出にくいですね。今回はかなり特別なケースでしたが、これくらいに価格差が有るならばまた購入してみようかなとは思っています。
 ジャケットに記載されているデータが一緒に付いてくればもっと買いやすくなるのになと思います。
 私も負けず劣らずに頭が固いので困った物です。

2006年05月08日 Sonny URL 編集

Audio-Visual Trivia for Movie & Music からAndy Beyのトラックバックが打てました。ありがとうございます。
同じ値段なら演奏時間の長いコルトレーンをというのは面白いですね。
私は年寄りですが音楽は初心者だし節制がないのでアナログを持っていてもデジタルが欲しいので1曲買いをしています。iTunesを活用していてpodcastも毎日自動的に更新されるので便利ですよ。買物に行くだけでもiPodを聴いています。

2006年06月15日 koukinobaaba URL 編集

 koukinobaabaさん、こんにちは。
 トラックバックできたようでよっかったです。私の方からも送ってみたのですが上手くいくかどうかわかりません。このブログの機能もぜんぜん使いこなせていないのです(笑)。
 昨年のクリスマスに相方のリムスキーがipodをプレゼントしてくれましたので、私もpodcastを活用させてもらっています。お気に入りの番組はJacques Emondさんの"Swing in the air"です。
 曲のダウンロードによる購入はiTunes以外からだと直接ipodに送れなかったりして中々面倒ですね。まだまだ使いこなすにはいたっていません。ぼちぼちといった感じです。
 又よろしくお願いします。

2006年06月18日 Sonny URL 編集












管理者にだけ公開する