シド バレットの死~モンク




 朝刊を見て知ったのですが、シドバレットが亡くなられたようです。このブログを見てくださっている方の中にも、ある種の感慨にとらわれた人がいるかもしれません。
 私がピンクフロイドの音楽にリアルタイムで接することが出来たのは"The dark side of the moon"からでした。その頃にはシド バレットはすでに音楽活動としては一線から身を引いたあとでした。それにもかかわらずピンクフロイドの音楽が語られる際にはシドの名前が共に語られるのが常でした。
 "The dark side of the moon"以前のアルバムから遡ってシドが参加している頃のピンクフロイドを聴くことから、シドの音楽について触れることは出来ました。
 すっかり活動を停止していたのですからシドの死去によっていまさら彼の音楽が中断されてしまったわけではないでしょう。
 しかし私の心の中には「シドと同じ時代に生きた音楽が聞きたかった。」という無念さがあります。
 この想いはいつの日かの…   と考えているとちょうどモンクが亡くなったときに感じたものと同じだなと気付きました。モンクもまた心を病み、私がジャズを意識して聴き始めたころには活動を停止していました。そしてその後は音楽を奏でることは無く死んでしまいました。

 ああーっ、また間に合わなかったな。"I wish you were here"

 

2006年07月13日 未分類 トラックバック:1 コメント:5

sonnyたちが、ネットで広いモンクなど聞きたかった
大きい朝刊など亡くなられたようです
大きいジャズや、大きいシドとか無念とかされてしまったわけではないでしょう
ネットで無く感慨などをバレットしなかった?


2006年07月14日 BlogPetのsilver URL 編集

こんにちわ。

そこら中でSydの記事を見ます。こんなにもSydが人気者だとは知りませんでした(笑)。
聴いた事の有る人が、どれくらいいるんだろうとか、いつまでピン・フロのメンバーだったのか知っているのだろうかとか、思ったりしてしまいます。
実際のピン・フロのコンセプトは、直ぐにロジャーに渡っていますよね。1stとそれ以降とは別物だと思っています。もっとも、深く聴いている人は、関連性を見つける事が出来るかもしれませんけど。

と、言う訳で『Sydの死に触れる人など一部のプログレ・ファンだけで、ほとんどいないだろう』と言う私の思惑は完全に間違いだと思い知らされました(苦笑)。

今は、Blogに書かなければ良かったと後悔しています(笑)。

2006年07月15日 falso URL 編集

こんにちは。
falsoさんのおっしゃる通り、思ってた以上にシド・バレットを好きな方が多くて少し驚いております。
自分の身近には数人しかいないのに。(笑)

それ以上に驚きだったのは、新聞に小さいながらも死亡記事が載ってたことですね。
そんな存在だったのかと。
悲しいとかよりもいろいろと驚かされた出来事でした。

こちらで、シド・バレットの名前を見かけたのもちょっとした驚きでした。(笑)

2006年07月15日 piouhgd URL 編集

 falsoさん、こんにちは。
 私もシドの死にこんなに大きな反響があることにびっくりしています。falsoさんのブログ以外にもいつも読ませていただいている方の記事でもシドについて書かれたものが数多くありました。実はそれぞれにコメントをしようかと思ったのですが、それぞれのブログに対するコメントに統一性を持たせる自信が無かったのでやめてしまいました。
 JAZZの記事でもそうですがお若い方もとても歴史やエピソードをよくご存知ですね。ですが、私の実感とはずれてしまう部分があるのでコメントしにくかったりします。
 falsoさんもプログレがお好きなので同じ様な思いを抱かれたのかもしれませんね。
 falsoさんがシドをブログに取り上げたのはその必要があったのだと思いますし、後悔されることは無いのではと思います。気持ちは良くわかる気がしますが。
 でもこんなにシドの人気が有るのには驚きですね。

2006年07月15日 Sonny URL 編集

 piouhgdさん、こんにちは。
 いつも不思議に思うのですが死亡記事の掲載基準というのはどうなっているんでしょうね。知り合いの新聞記者の方に伺うと結構担当者の趣味嗜好によるそうですが。
 falsoさんには割れてしまっているので、驚かれることは無かったでしょうが、piouhgdさんは私がシドを取り上げたことに対していぶかしく思われたのは当然でしょうね。
 私はロリンズですらコンプリートに作品をコレクションしていないのですが、ピンクフロイドとイエス、80年代半ばまでのタンジェリンドリームはコンプリートだったりします(笑)。
 ロックに関してはいわゆるハードロックと呼ばれる王道は全く.通過していないのですが、プログレは大好きです。
 最近ではアンフリーマギーズにちょっと注目しています。

2006年07月15日 Sonny URL 編集












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://nonsy.blog15.fc2.com/tb.php/94-48eec902

僕がいなくてさみしくないの?~シド・バレット追悼~

Wouldn't You Miss Me: The Best of Syd Barrett五年前に発売されたシド・バレットのベスト盤。タイトルはズバリ「僕がいなくてさみしくないの?」60年代はLSDの流行もあったせいで、多くのロック・ミュージシャンが奇行によって世の中を賑わせた時代でもあったように

2006年07月13日 4番、サード、いたち野郎。